ビッグデータ

  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

ビッグデータとは、従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような巨大なデータ群のことです。

「事業に役立つ知見を導出するためのデータ」と、総務省のホームページには記載されています。

一般に、不動産業界で当たり前と捉えられている、個々の情報「顧客の年齢・性別・居住エリア・希望物件の特徴」など、はビッグデータにあたります。

専門家の視点

ビッグデータ解析の専門家である、清水千弘氏によると、ビッグデータとは、Volume(量)、Velocity(即時性)、Variety(多様性)の3要素が整ったデータを指します。業界ではこれを「3V」といいます。

  • Volume(量)
  • Velocity(即時性)
  • Variety(多様性)

専門家から見たとき、データ量が重要であるだけでなく、「タイムリーに得ることができるか」「多様性がどの程度あるのか」ということも、ビッグデータには重要であることがわかります。これらの要素が整うほどに、解析から導き出される、「推計値の精度」が高まるのです。

ビッグデータの活用について

2000年代の前半までは、「データ量が足りない」「データの即時性が乏しい」「データの種類が限られている」ことが原因で、ビッグデータの活用が思うように進まなかったという歴史があります。ところが、いまの日本は違い、「3V」を生かすためのテクノロジーも確立されている状況です。

不動産業界に限っていうと、3つの要素、そのデータ基盤を宅建士、企業、業界組織が少しずつ整備してきたことで、不動産テック領域の発展に注目が浴びせられるようになりました。

※参考文献「Laney D,(2001),  3D data management:  Controlling Data Volume, velocity, and variety, US:META Group.」

 

  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

この用語に関連する記事

「REAL ESTATE tech カオスマップ2017年6月1日版」から読み取る不動産テックの今後
2017.08.23 業界分析
『キマRoom! Sign』で申込&契約の業務支援!広島から不動産テックを盛り上げる!
2017.12.04 インタビュー
【レポート】テクノロジが加速させる”新しい街・住まい”づくり - CNET Japan Conference 2017
2017.10.20 イベントレポート
ビッグデータで営業タイミングや顧客ニーズを可視化する「KASIKA」~不動産会社の業務効率化に一役買えるか~
2017.08.23 製品・サービス
英国スタートアップPavegenの『発電タイル』が運動エネルギーを電力へ変換!
2018.05.10 海外事例・ニュース
急速な広がりをみせる!「不動産型クラウドファンディング」を徹底解説!
2017.10.24 業界分析
不動産会社がバーチャルペットを展開する意図 - ハウスコムがAI PETでつくる未来のコミュニケーション
2017.08.23 インタビュー
「失敗しない家具選び」に使えるARアプリはじめ使えるアプリ厳選4つ!インスタ映えする部屋づくりも
2018.05.27 業界分析
不動産業界を取り巻くAIの最新事例とその未来
2017.08.23 業界分析
今さら聞けない不動産テックを知る5つのキーワード
2017.08.23 業界分析
今後の中古不動産市場の成長のカギを握るもの ー 代表樋口龍が語る、GA technologiesの目論見とは
2018.06.05 インタビュー
企業の運命を分ける!不動産テックでビッグデータはどう活用できるか
2017.12.05 業界分析
新しい「部屋の探し方」で業界を変えたい - ハウスコムが不動産テック導入を進める意図は?
2017.08.23 インタビュー
新規事業開発のプロに聞く。Google・Amazonが注目する不動産テックスタートアップの条件とは何か
2017.10.05 インタビュー
査定価格と災害リスクを紐づける新サービス―――リブセンス「IESHIL CONNECT」の特徴とは?
2017.09.27 インタビュー
無料eBookダウンロード

不動産テックに関する様々な情報を掲載した最新レポートを無料でダウンロードできます。

所属団体

スマーブは東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営しています。

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。