AI(エーアイ)

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

AIとは、Artificial Intelligenceの略です。AIは人工知能と訳され、人間の使う自然言語の理解、論理的な推論、経験から学習をするコンピュータプログラムなどのことを意味します。

不動産テック領域では、物件や地域の評価情報などのビッグデータを集約・分析・価値付けすることで価格可視化・査定ができるサービスや、人工知能によるチャットボット接客、顧客マッチングなど多岐に渡りAIが活用されています。

今後AIで用いる情報が多様になり、さらに多様化されたデータを正しく分析できるようになれば、不動産情報の透明性を高めることに繋がり、不動産市場が活発になることに繋がるでしょう。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

この用語に関連する記事

「REAL ESTATE tech カオスマップ2017年6月1日版」から読み取る不動産テックの今後
2017.08.23 業界分析
【レポート】ReTechがもたらすイノベーション、テクノロジーで変わる不動産業界
2018.02.13 イベントレポート
【レポート】不動産テック業界のカオスマップがリニューアル!2018年3月7日版が公開
2018.03.08 イベントレポート
室温を自動調節するスマートホーム!不動産テックにおけるIoTの活用事例
2017.08.23 業界分析
【レポート】テクノロジが加速させる”新しい街・住まい”づくり - CNET Japan Conference 2017
2017.10.20 イベントレポート
英国スタートアップPavegenの『発電タイル』が運動エネルギーを電力へ変換!
2018.05.10 海外事例・ニュース
急速な広がりをみせる!「不動産型クラウドファンディング」を徹底解説!
2017.10.24 業界分析
不動産会社がバーチャルペットを展開する意図 - ハウスコムがAI PETでつくる未来のコミュニケーション
2017.08.23 インタビュー
不動産業界を取り巻くAIの最新事例とその未来
2017.08.23 業界分析
今さら聞けない不動産テックを知る5つのキーワード
2017.08.23 業界分析
新しい「部屋の探し方」で業界を変えたい - ハウスコムが不動産テック導入を進める意図は?
2017.08.23 インタビュー
新規事業開発のプロに聞く。Google・Amazonが注目する不動産テックスタートアップの条件とは何か
2017.10.05 インタビュー
横浜市が取り組む「IoTスマートホーム」 - 未来型の住宅とは?
2017.09.14 業界分析
360億円の増資を調達!時価総額2200億円を超える未上場不動産テック企業OpenDoor Labs Incとは?
2018.07.10 海外事例・ニュース
AI賃料査定システム「CTScan」がもたらした賃貸業界での新たな兆し。わずか半年で100社が導入!
2018.06.29 インタビュー
無料eBookダウンロード

不動産テックに関する様々な情報を掲載した最新レポートを無料でダウンロードできます。

所属団体

スマーブは東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営しています。

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。