【28選】コロナによって注目度の高まる新しい生活様式、不動産×シェアリングサービス一覧

  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
【28選】コロナによって注目度の高まる新しい生活様式、不動産×シェアリングサービス一覧

はじめに

2020年617日に、一般社団法人不動産テック協会(以下、不動産テック協会)が制作・更新を続けている、不動産テックカオスマップの最新版が発表されました。

画像出典元:https://www.sumave.com/20200626_18133/

シェアリングのカテゴリーに分類されている不動産テックの数は28。そのサービスをこの記事にまとめます。さらに今回の記事では、サービス概要などの紹介文章を意図的に省きます。読者のみなさんに、できるだけ先入観を与えず、不動産テックに触れていただきたいという思いからです。ぜひ、ご自身でWEBサイトを訪ねていただきたい。はじめて触れるサイトの中身はわかりやすいか。直感的に好きになれるか。そういった、ご自身の感覚を業界関係者の読者のみなさんには大切にしていただきたい。そんな思いです。

前提/不動産業界におけるシェアリングサービスとは

分かち合う、共有するという意味の英語、「share(シェア)」を語源にしています。その考えかたは不動産業界において、“土地活用”という発想で古くから存在しました。遊休(余剰)資産の活用というテーマにおいて、住宅やマンションではなく、「駐車場として土地を生かす」という発想です。これが、いま、インターネットやスマホが発達・普及した社会背景をもとに、さらなるサービスへと発展しています。この社会背景が非常に重要です。そこでは、不動産の概念を広げたり、細かくしたりします。物件や家、土地だけでなく、自宅、別荘、空間、オフィス、倉庫、自宅の空きスペース、宿泊施設、キーボックス、飲食店、美容室、アイドルタイムのカフェスペースなどなど。そうした“不動産”をインターネットやスマホが発達・普及した現代の市場にあわせて、ビジネスとして運営されているのが不動産業界におけるシェアリングサービスです。この前提をもとに、不動産テック協会が制作した不動産テックカオスマップ第6版から、シェアリングに分類されている不動産テックを抜き出し、一覧にします。本記事が、自社をIT化したいと考える不動産会社や、不動産テックに関心はあるがイマイチよくわからないという業界関係者に、不動産テックに触れるキッカケとなれば幸いです。以下、28サービスを五十音にして掲載します。

akippa

画像出典元:https://www.akippa.com/

ADDress

画像出典元:https://address.love/

wework

画像出典元:https://www.wework.com/ja-JP

eichiii

画像出典元:https://eichiii.com/

Airsalon

画像出典元:https://airsalon.net/

Airbnb

画像出典元:https://www.airbnb.jp/

ecbo cloak

画像出典元:https://cloak.ecbo.io/

OYO LIFE

画像出典元:https://www.oyolife.co.jp/

Keycafe

画像出典元:https://www.keycafe.com/ja

Sharekura

画像出典元:https://sharekura.com/

SHOPCOUNTER

画像出典元:https://shopcounter.jp/

STAY JAPAN

画像出典元:https://stayjapan.com/

SPACEE

画像出典元:https://www.spacee.jp/

SPACEMARKET

画像出典元:https://www.spacemarket.com/

スマート会議室

画像出典元:https://www.smartkaigisitsu.net/

Smart Parking

画像出典元:https://smart-parking.jp/

SOUCO

画像出典元:https://corporate.souco.space/

SOCIAL APARTMENT

画像出典元:https://www.social-apartment.com/

TIMEWORK

画像出典元:https://www.timework.co.jp/

toppi!

画像出典元:https://www.repark-toppi.jp/

軒先パーキング

画像出典元:https://parking.nokisaki.com/

軒先ビジネス

画像出典元:https://business.nokisaki.com/

HafH

画像出典元:https://www.hafh.com/

Vrbo

画像出典元:https://www.vrbo.com/ja-jp/

ひとり会議室

画像出典元:https://www.hitorikaigi.com/

minikura

画像出典元:https://minikura.com/

MonooQ

画像出典元:https://monooq.com/

LivingAnywhere Commons

画像出典元:https://livinganywherecommons.com/

おわりに

人は、未知の存在を“脅威”に感じます。オンラインとリアルの取材活動を通じて、そのことを再認識しています。不動産業界関係者にとって、不動産テックが未知の存在なのだとしたら、それはメディアである私たちの力不足によるものです。ここで、改めて言葉にします。テクノロジー、IT化、不動産テックは、不動産会社をサポートする存在です。決して、主役の座を奪う存在ではありません。アフターコロナの不動産業界におけるIT化、オンライン化、ひいてはデジタルトランスフォーメーションに、テクノロジーや不動産テックの存在は欠かせません。「欠かせないといわれても、よくわからないものに手を出せない」のが人情です。信用できない人に部屋を貸したり内見をしてもらったりすることに抵抗感を覚えることと同じ。それらを「未知の存在」「なんだかよくわからないモノ」ではなく、「知った存在」として身近に感じることができる読者を一人でも増やしたいと考えています。今後もSUMAVEは、情報発信によって不動産業界をサポートしていきます。

  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
PR

こちらの記事もオススメです

第4次AIブーム到来か? 人工知能の歴史と導入のメリット・デメリット、不動産業界の事例を解説
第4次AIブーム到来か? 人工知能の歴史と導入のメリット・デメリット、不動産業界の事例を解説
2024.04.19 業界分析
相続登記のオンライン申請、必要書類や手順とは?メリット・デメリットも
相続登記のオンライン申請、必要書類や手順とは?メリット・デメリットも
2024.04.16 業界分析
日本の不動産市場で「ニッチ賃貸」ニーズが高まるワケ
日本の不動産市場で「ニッチ賃貸」ニーズが高まるワケ
2024.04.03 業界分析
AIで契約書を審査?! レビューサービスとは? 不動産業界への影響、ガイドラインを解説
AIで契約書を審査?! レビューサービスとは? 不動産業界への影響、ガイドラインを解説
2024.03.28 業界分析
防災テックの市場規模が急拡大! AI・ドローン・・・最新事例を解説
防災テックの市場規模が急拡大! AI・ドローン・・・最新事例を解説
2024.03.25 業界分析
増加する不動産クラウドファンディングとは? 米国の先行事例から見るトレンド
増加する不動産クラウドファンディングとは? 米国の先行事例から見るトレンド
2024.03.19 業界分析

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。