共働き世帯必見!スマートホームの最新トレンドと設計ポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
共働き世帯必見!スマートホームの最新トレンドと設計ポイント

近年、共働き世帯の増加に伴い、自宅での生活をより快適かつ効率的にするための新しい要求が生まれています。特に注目されるのが、IoT家電やAI家電をフル活用した「スマートホーム」です。以前にスマート家電(https://www.sumave.com/20230315_22884/)やスマートセキュリティ(https://www.sumave.com/20230308_22812/)についてもご紹介しましたが、今回はスマートホーム全体で利用される製品や、スマートホームを実現していく上で必要なポイントを詳しく解説していきます。

スマートホームとは? IoT家電やAI家電の役割

スマートホームとは、各種IoT家電やAI家電を活用して、生活の便利さと効率性を高める家のことを指します。これらのデバイスは、遠隔操作や自動化を可能にし、共働き世帯の生活を大いにサポートします。スマートホームで扱われるカテゴリーは大きく6つあります。

1.スマートホームハブ
スマートスピーカーのようなデバイスを中心としたネットワークが必要です。これらのデバイスは、他のIoT家電を制御し、AIアシスタントとのインタラクションを可能にします。具体的な例としては、Amazon Echo(Alexa)、Google Home、Apple HomePod(Siri)などのスマートスピーカーがあります。これらのデバイスは、他のIoT家電を制御し、AIアシスタントとのインタラクションを可能にします。その結果、音声コマンドだけでライトのON/OFF、音楽の再生、ニュースのチェック、リマインダーの設定などが可能になります。

2.自動化家電
ルンバのようなロボット掃除機や、自動で料理を作るロボット、AI洗濯機なども時間を大幅に節約します。

3.エネルギー管理
スマートサーモスタットやAI空調システムを使用すれば、エネルギー効率を最大化することも可能です。例えば、ネストのスマートサーモスタットは、ユーザーの生活パターンを学習し、必要な時にだけ暖房や冷房を作動させることでエネルギー消費を削減します。

4.セキュリティ
スマートドアロックやセキュリティカメラなどのIoTデバイスも家の安全を高め、リアルタイムで警告を提供します。Ringのビデオドアベルなどは、訪問者の映像をスマートフォンに直接送信し、どこにいても自宅の状況を把握できます。

5.照明
スマートライトは時間による自動調整や遠隔操作が可能です。さらに、一部のスマートライトは、自分の気分や活動に応じて色を変えることもできます。

6.スマートキッチン
AI冷蔵庫やスマートオーブンなどの家電製品は、料理をもっと楽しく、便利にします。AI冷蔵庫は中身を追跡し、買い物リストを自動作成します。スマートオーブンは料理の調理状態をリアルタイムでチェックし、必要に応じて調整します。

このようなスマートホームは、家事を自動化し、管理を簡素化することで、自由な時間を増やし、ストレスを減らすことができます。

スマートホームの設計要点は配線とネットワーク、電源、スペース、セキュリティ

スマートホームの設計では、通常の建築設計とは異なるいくつかの要素を考慮する必要があります。

1. 配線とネットワーク設備
IoTデバイスはインターネットに接続するため、強力なWi-Fiネットワークと十分なデータ通信速度が必要です。ルーターの適切な配置も重要で、家全体でWi-Fiがカバーできるようにする必要があります。今では、Wi-Fi6ルーターやメッシュWi-Fiシステムがこのニーズに応えています。

2.電源
IoTデバイスやAI家電は電源を必要とします。そのため、家全体に適切な位置に電源ソケットを配置することが重要です。例えば、ルンバなどのロボット掃除機は、充電ステーションが必要となります。スマートライトを使用する場合、各部屋や廊下などに電源供給が確保されていることが重要です。

3.スペース
特定のAI家電やIoTデバイスには、適切なスペースが必要です。例えば、自動化されたキッチン家電は、十分なカウンタースペースを必要とします。AIを搭載した大型冷蔵庫や料理ロボットなどは、適切な設置スペースと通電設備が必要です。ロボット掃除機の場合、家具の配置を考慮する必要があります。

4.セキュリティ
セキュリティシステムの一部としてカメラやセンサーを設置する場合、カバレッジと視覚的なプライバシーを考慮する必要があります。家の各部屋や外部の監視を行うカメラの設置場所や角度などは、プライバシーを守りつつ、最大限の監視効果を発揮するために計画的に設定する必要があります。

5.自然光と照明・音響
スマートライトを使用する場合、照明が最大限に利用されるように窓や電灯の配置を計画します。また、スマートスピーカーや音声アシスタントを使用する場合、家の中のさまざまな部分でデバイスが正しく聞こえるように、適切な場所にそれらを設置する必要があります。

スマートホームの目指すところはシンプルさ、時間節約、便利さ

最終的には、スマートホームは生活をシンプルにし、時間を節約し、日常生活を便利にすることを目指すべきです。しかし、その設計には、プライバシーとセキュリティにも注意を払う必要があります。以上の要点を押さえつつ、住人のライフスタイルやニーズに最適化されたスマートホームを目指しましょう。

  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
PR

こちらの記事もオススメです

日本人口の約3割が65歳以上、今こそシニア向け賃貸ビジネスへ
日本人口の約3割が65歳以上、今こそシニア向け賃貸ビジネスへ
2024.02.26 業界分析
ZEH賃貸住宅、オーナーと入居者のメリット・デメリットとは?大手ハウスメーカーが続々と着工
ZEH賃貸住宅、オーナーと入居者のメリット・デメリットとは?大手ハウスメーカーが続々と着工
2024.02.20 業界分析
能登半島地震で注目集める「即席住宅」とは何か?
能登半島地震で注目集める「即席住宅」とは何か?
2024.02.16 業界分析
2024年には3Dプリンターハウスシティが誕生?2023年は2人世帯向けの住宅、インフラ設備のある実証棟が完成!
2024年には3Dプリンターハウスシティが誕生?2023年は2人世帯向けの住宅、インフラ設備のある実証棟が完成!
2024.02.13 業界分析
”最高の経営統合”で業界全体のシームレスなDXを目指す―イタンジ社×ハウスマート社インタビュー
”最高の経営統合”で業界全体のシームレスなDXを目指す―イタンジ社×ハウスマート社インタビュー
2024.02.07 インタビュー、業界分析
顧客をつかんで離さない商業施設DXの世界
顧客をつかんで離さない商業施設DXの世界
2024.01.31 業界分析

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。