【レポート】あらゆるところをワークスペースに!スペイシー    

【レポート】あらゆるところをワークスペースに!スペイシー

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
【レポート】あらゆるところをワークスペースに!スペイシー

はじめに

2018年5月18日(金)に、株式会社スペイシーが、「日本版ワークプレイス」の提供を発表しました。「日本版ワークプレイス」とは、平たくいうと、ビジネス用の防音室です。

スペイシーは、駅構内やオープンスペースなど、さまざまな場所に「日本版ワークプレイス」の設置を目指します。目標設置数は500か所です。

取り組みの背景にあるは、「「外出先でも気軽に社内会議を」そんな環境を整えたい」という思いです。開発にあたり、スペイシーは2社と手を組みました。ヤマハとマイクロソフトです。

優れた防音技術、音環境を提供したヤマハの花村洋一郎氏(画像下)は、3社の協業を次のように語りました。以下、敬称は省略です。

花村:「外出先でも、社内の会議室を使うような気軽さで、会議や仕事の話ができるテレワーク環境の提供を目指し、3社が集まりました。日本のインフラ事情に馴染みやすい、「日本版ワークプレイス」という呼び名を意識して、サービスを展開していきたい考えです」

今回の取り組みで、会議プラットフォームとして『Skype』を提供するマイクロソフトの黄瀬隆律氏(画像下)も、熱い胸のうちを語りました。

黄瀬:「テレワークの普及は、ありがたいことに増えています。ところが、テレワークでの会議利用は、テレワーク全体の10から20%に満たないのが現状です。外出先でメールチェックなどの作業ができても、声を出して会議をできる環境は、とても少ない。私たちは深刻な状況だと考えています。この状況を打開するアイデアとして、今回のスペイシーさんの取り組みは、素晴らしいものです」

誤解を恐れずにいうと「防音技術+会議のプラットフォーム=日本版ワークプレイス」です。このアイデアの実現に、スペイシーは大きな役割をはたしました。

記者会見でスペイシーの取り組みを説明してくれたのは、執行役員を務める武田正史氏(画像下)です。

武田:「今回、ヤマハさんとマイクロソフトさんのご支援をいただきまして、新しいワークプレイスを提供することができるようになりました。皆さんの働く場、働き方改革に貢献したい。日本のために、という思いもそうですが、外出先でもビジネスパーソンがちゃんと働ける環境を提供していくことができればと、思っています」

今回の記事は、「不動産×シェアリングビジネス」がテーマです。注目の度合いを高めているシェアリングビジネスのサービスから、株式会社スペイシーを取り上げます。

記事では、スペイシーがヤマハやマイクロソフトと手を組んだ背景、スペイシーが扱う不動産テックサービスの概要、スペイシーが投資家から注目を浴びるわけなどを紹介していきます。

目次

日本版ワークプレイスとは
きっかけは「スペイシーの音楽室版を作ろう」
『スペイシー×フーターズ』

そもそも、スペイシーとは
全体の56%が「1週間以内に予約をする」
利回り144%、会議室運用の収支を公開
『スペイシー』が投資家から注目を浴びる最大の要因
まとめ

 

日本版ワークプレイスとは

ヤマハが開発、販売している商品に、音楽練習のための『アビテックス』という防音室があります。一番狭いもので1.5畳の大きさ、2m強の高さがある防音室です。

部屋は、防振性に優れた構造になっているだけでなく、ヤマハ特許の遮音パネルが、室内の音レベルを35デシベルや40デジベルに保ちます。

オンライン会議のツールとして導入されているのは、ヤマハの『YVC-1000MS』です。室内にマイクスピーカーシステムを設置し(画像上の黒いデバイス2つ)、2つのデバイスで、マイクロソフトの『Skype for business』というプラットフォームを使います。こうすることで、「外出先でも、部屋の扉を開けた瞬間に会議ができる」環境を目指しているのが、日本版ワークプレイスです。

これをスペイシーは、「気軽に使えるワークスペース」として、駅構内やオフィスビルなどの、さまざまなスペースに設置する計画です。

ちなみに、35から40という音レベルは、「夜間の高層住宅地域や戸建住宅地」「ホテルの室内」などに相当する音レベルとされています(出典/全国環境研協議会騒音小委員会)。

次は、日本版ワークプレイスのきっかけを掘り下げます。

きっかけは「スペイシーの音楽室版を作ろう」

画像引用元:スペイシーHP

スペイシーは、2017年7月13日に開催された、ヤマハ株式会社主催のビジネスプランコンテストに応募しました。スペイシーのプランがヤマハに採択されたことをきっかけに、日本版ワークプレイスへと、話が広がったのです。企画者であるスペイシーの山下裕貴氏(画像下)に、当時の話を聞くことができました。

Q:日本版ワークプレイスは、どういった経緯で誕生したのでしょうか?

山下:「きっかけは、『スペイシー』の音楽室版を作ろうという話でした。楽器の練習室が予約できるサービスを作ろうということになって、ヤマハのアクセラレーターに応募しました。すると、私たちのアイデアが選ばれたんです。

ヤマハさんには、もともと『アビテックス』という防音室がありました。基本的に、屋内に設置することを目的としたユニットです。企画の打ち合わせをしているなかで、「『アビテックス』を屋外に設置したら、どのくらいのニーズがあるか」という話題になりました。そこで、まずは試してみようという話に。即席で、屋外に楽器練習室を設置するには、うってつけです」

Q:『アビテックス』の設置場所はどこですか?

山下:「東京駅前です。以前に私たちが入居していたオフィスビルの、空いているスペースに設置しました」

Q:実験の結果は?

山下:「ワークスペースとして使うユーザーが、とても多い結果となりました。作業や会議としての利用が、全体の7割くらいです。楽器を練習する目的のユーザーも当然いましたが、ワークスペースとしての利用が圧倒的に多かったので、驚きました。この実験結果から、「防音室をワークスペースとして設置したらどうだろう」という話へ発展し、日本版ワークプレイスが企画になったんです」

武田:「私たちには、『スペイシー』というプラットフォームがありました。このプラットフォームで、日本版ワークプレイスの予約や決済ができれば、すでに存在する12万人以上のユーザーに、使ってもらうことができます」

武田:「『スペイシー』では、予約から決済までがスマホで完了するので、利便性は高いです。『アビテックス』を屋外に設置したとき、高稼働した実績がありましたから、「設置すれば使われる」という手応えもありました」

今回のテーマとは少しそれますが、スペイシーは、音楽を楽しみたい人向けに、音楽練習室の予約、決済までが完了するプラットフォームも制作しました。『スペイシーミュージック』というサイトです。サイトでは、東京、大阪、愛知などの、約140の音楽練習室が借りられます。

画像出典元:スペイシーミュージックのサイト

日本版ワークプレイスは、「音楽練習室を屋外に設置したことで、偶然に見つけた、新しいニーズを満たすためのサービス」なのです。新しいニーズとは、以下のようなものです。

防音環境の整ったスペースで仕事をしたい

個室で落ち着いて作業がしたい

周囲を気にすることなく、パソコンやスマホを使って仕事したい

ビジネスパーソンは、外出先でも、きちっとしたワークスペースを求めます。ところが、彼らのニーズを満たすサービス(スペース)が存在していなかったのです。このようなニーズに応えるため、スペイシーは、「あらゆるところをワークスペースにコンバージョンしたい」というミッションを掲げています。

『スペイシー×フーターズ』

画像引用元:スペイシーのサイト

スペイシーの取り組み事例をもう1つご紹介します。『スペイシー×HOOTERS(フーターズ)』の事例です。

HOOTERSとは、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー。店内では、「アメリカで開催されるパーティ」のような、明るくて楽しい雰囲気を味わえます。その雰囲気作りに欠かせないのが、陽気なサービスで知られる、HOOTERSガールの存在です。チアリーディングのよう華やかさが、人気のお店です。

スペイシーは、飲食店のアイドルタイムや遊休スペースをワークスペースにコンバージョンさせることにも、取り組んできました。その一環として、HOOTERSをワークスペースにコンバージョンさせたのです。

山下氏から、HOOTERSとコラボした企画の背景を聞くことができました。

山下:「日本賃貸住宅管理協会の勉強会へ出席したときの話です。勉強会の合間に、パソコン作業ができる場所を探しました。勉強会の会場は赤坂でした。「近くに、好都合なお店はないかな」と考えたとき、HOOTERSが目に飛び込んできました。

夜は活気のあるお店、というイメージでしたが、「昼間はどうなんだろう」と思って、寄ってみることにしたんです。昼間の店内は、夜のイメージとは違い、落ち着いていました。印象的だったのは、テーブルが広く、隣の席との間隔に余裕があって、パソコン作業にとても集中できたことです。

このとき、「昼間のHOOTERSは、ワークスペースとして成り立つのでは」そう感じたことが、コラボへと発展しました」

後日、スペイシーはHOOTERSに営業をかけます。打ち合わせの場で明らかになったことは、HOOTERSの思いでした。HOOTERSは、「昼間営業の認知度を向上させたい」と考えていたのです。この思いと、「昼間のHOOTERSをワークスペースとして提供したい」と考えていたスペイシーの思いが重なります。こうして誕生したのが、『スペイシー×フーターズ』の企画です。

現在、『スペイシー』のサイトには、HOOTERS以外の飲食店が、ワークプレイスとして利用できる状態で掲載されています。この取り組みも、「あらゆるところをワークスペースに」というスペイシーのミッションの1つです。

そもそも、スペイシーとは

武田:「当社は、株式会社スペイシーと申しまして、今期で5年目になります。貸し会議室やレンタルスペースのマッチングサイト『スペイシー』を運営しているベンチャー企業です。サイトには、現在、4,000室以上が掲載されています。ユーザーの数は12万人ほどです。

『スペイシー』では、「1時間500円から使える会議室」を掲載しています。扱う会議室の規模は、最大で300名を収容できる広さから、最小で2名定員のコンパクトな会議室まで、さまざまです。『スペイシー』では、現在、月間で1万4,000から1万6,000予約ほどが動いています。

当社のコンセプトは、「Placement of Workspace」です。「適切なワークスペースを提供していく」ことにコンバージョンしています。最終的に目指しているのは、ワークスペースの最大提供会社になることです。

当社のサービスにおいて、キーポイントは、「中程度の重要度の会議ができる場所」にあります。この用途に適した場所は、これまで存在していませんでした。そのため、代替え場所として、カフェやファミレスが選ばれています。

スペイシーがメインで提供しているのは、「適した場所=中程度の重要度の会議ができる場所」としてのワークスペースです。このニーズに対して、適切な場所を提供することで、ビジネスパーソンのさまざまな働き方を支援していきたいと考えています。

その一環として、今回の日本版ワークプレイスの取り組みがあるのです。防音設備の整った会議室なら、外出先でも声を出して会議ができます。「これまでなかったサービス」「これまでなかったワークスペース」その環境を「気軽に利用できる場所として提供したい」というのが、スペイシーの考えです」

気軽に利用できるワークスペースを使っているユーザーとは、どんな人たちなのでしょうか。次は、『スペイシー』で会議室を予約するユーザーの特徴をご紹介します。

全体の56%が「1週間以内に予約をする」

スペイシーはユーザー調査をしました。内容は、「サイトのユーザーは、スペース(会議室)を利用するときに、利用日の何日前に予約をするか」です。調べた結果、利用日の1週間以内に予約をするユーザーが、利用者全体の56%を占めることがわかりました。

「重要度が中程度である打ち合わせ」の多くは、1週間以内に日時が決まります。利用者が外出先で打ち合わせ場所を探すときに、決まって選ばれるのはカフェや飲食店です。しかし、都市部を中心に、店内は満席であることがほとんど。空いていても、一人掛けの席やカウンター席であったり、隣の席との距離が近く、込み入った話ができなかったりする場合も少なくありません。

そんなときに、『スペイシー』なら、スマホを使って気軽に会議室(個室)が予約できます。予約だけでなく、決済までができる点が、「便利」という理由からユーザーにうけているサービスなのです。

このようなユーザーニーズを理解しているスペース掲載者は、会議室の予約設定に、ある工夫をこらしています。利用時刻の1分前まで予約ができる設定にし、「急に、打ち合わせする場所が必要になった人」を逃さない工夫です。

ユーザーとして『スペイシー』の予約サイトにログインするとわかることですが、多くのスペースは、4日後以降の予約が埋まっていません。

一方で、3日以内の予約状況は、7、8割と高い傾向にあります。これは、直前の予約に対応できるスペース、会議室が高稼働することの表れなのです。

「高稼働って、具体的に収支はどうだか」

こうした疑問を払拭するために、今回、特別に、1物件の収支を丸ごと公開します。山下氏に、収支の内容を要約してもらいました。

利回り144%、会議室運用の収支を公開

山下:「これは、ユーザーからの人気が高い、東京都新宿区の物件です。収容人数8人、徒歩7分の場所に位置しています。とても古い雑居ビルですね。物件の賃料が8万円くらいなので、初期費用は24万円でおさまっています。初期費用でかかるものは、基本的に2つです。

  • 物件の取得費用
  • 什器の費用

物件取得は、賃貸で部屋を借りるときと同じなので、

  • 敷金礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃

の3項目の費用です。この物件の場合、毎月の売上は15から18万で安定しています。8か月で初期投資が回収できて、利回りは144%ですね。以下の画像が、一般的な『スペイシーの会議室』の様子なんですが、見ていただくとわかる通り、簡素な造りになっています」

山下:「会議室の運用は、「ローリスクローリターンである」という点が特徴です。現在、300名くらいの投資家がいますが、全員が経営者や富裕層というわけではありません。私のような会社員の投資家も多いです。

実際に、私は大阪の物件を『スペイシー』で運用しているのですが、利ざやは少ないです。ただし、これまでの不動産投資に比べ、少ない初期費用ではじめられる点は、やはりメリットであると感じます。自分が投資家になったことで、よくわかりました」

今回公開した会議室運用の収支データは、画像の解像度を高く設定してあります。パソコン画面などの、大きなモニターでこの記事を読むことができるなら、収支の細かい数字を確認できるはずです。ぜひ、ブラウザの「ズーム」ボタンなどで画面を拡大し、参考にしてください。

『スペイシー』が投資家から注目を浴びる最大の要因

会議室の運用は、「物件を賃貸で借りる点」が、通常の不動産投資と大きく異なります。物件を買うわけではないので、初期費用の負担額は圧倒的に少ないのです。会議室の運用とは、30から50万円ではじめられる、新しい不動産投資のカタチともされています。

もう1つ。『スペイシー』が、投資家から熱い視線を送られている理由があります。それは、本日(2018年6月15日)よりスタートした、「住宅宿泊事業法」の存在です。いわゆる、民泊新法です。

山下:「スペイシーで会議室の運用を始める投資家に、民泊の運用経験者はとても多いです。民泊を運用している投資家が、スペイシーのセミナーに来られるケースも最近、増えています。

一因は、不正業者の撤退といった、民泊新法による法整備の強化によるものでしょう。投資家の民泊運用コストが増加するという懸念は、以前から指摘されていました。

民泊のメリットの1つは、「利ざやがよい」という点です。デメリットの1つには、「副業としてはじめるにはハードルが高い」という点があります。代行業者さんに運用を任せるなどの、手間やコストも必要です。

対照的に、会議室の運用は、「ほぼ、何もせず、まわる」点がメリットとして挙げられます。「副業としてはじめやすい」という点は、代表的なメリットの1つです。しかし、民泊運用に比べ、リターンは多くありません。ローリスクローリターンの背景には、こうした事情がかかわっています。

興味のあるかたは、当社の無料投資セミナーにお越しいただきたいです。詳しくご説明しますので、気軽に問い合わせていただければと思います」

まとめ

取材の一環で、スペイシーの無料投資セミナーに参加しました。そのとき、実際の民泊運用者である投資家から、以下のような話を聞くことができました。

民泊は片手間ではできない

住宅宿泊事業法の施行にともない、民泊事業から手を引く仲間(投資家)は少なくない

管理コストや手間が圧倒的に少ない会議室の運用は、とても魅力

民泊から手を引く投資家が多いいま、本腰を入れて取り組む覚悟があるなら、民泊こそがチャンス

日本政府観光局が2018年4月に発表した統計によると、訪日外国人客の数は、前年同月比で12.5%増。1か月間に、290万1,000人が日本を訪れました。この数字は、単月として過去最高の記録です。

民泊事業者の減少が予想されるなか、訪日外国人客の数は増え続けています。この状況で気になるのは、Airbnbの動向です。住宅宿泊事業法に、民泊世界最大手のAirbnbは、どう対応していくのでしょうか。会議室運用も民泊運用も、不動産×シェアリングビジネスのキーワードの1つ。不動産テックにかかわる人間として、Airbnbの動きは気になります。動向を探るべく、SUMAVEはAirbnbのイベントを取材しました。イベント内容についてはコチラ→​【レポート】Airbnb Day「はじまりを、ありがとう」

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

こちらの記事もオススメです

【緊急取材】一般社団法人不動産テック協会インタビュー!共同代表理事・ダイヤモンドメディア武井浩三氏
【緊急取材】一般社団法人不動産テック協会インタビュー!共同代表理事・ダイヤモンドメディア武井浩三氏
2018.07.27 不動産投資、不動産管理、賃貸
確定申告の手間をゼロに近づける?マネーフォワード「MFクラウド確定申告」でできること
確定申告の手間をゼロに近づける?マネーフォワード「MFクラウド確定申告」でできること
2018.07.25 不動産営業、不動産投資、不動産管理
360億円の増資を調達!時価総額2200億円を超える未上場不動産テック企業OpenDoor Labs Incとは?
360億円の増資を調達!時価総額2200億円を超える未上場不動産テック企業OpenDoor Labs Incとは?
2018.07.10 AI/ビッグデータ、不動産投資、物件検索
超巨大ファンドの誕生。その背景とSoftbankのアメリカ不動産業界におけるこれまでの動向とは
超巨大ファンドの誕生。その背景とSoftbankのアメリカ不動産業界におけるこれまでの動向とは
2018.04.02 不動産投資
【国内初!】仮想通貨での不動産取引がスタート。先駆者であるイタンジが見据える不動産取引の未来の形とは
【国内初!】仮想通貨での不動産取引がスタート。先駆者であるイタンジが見据える不動産取引の未来の形とは
2018.03.26 不動産投資、不動産管理
11月26日(日) 渋谷にて不動産テックの大規模イベント開催 ― 事前申込で参加費無料
11月26日(日) 渋谷にて不動産テックの大規模イベント開催 ― 事前申込で参加費無料
2017.11.10 IoT、不動産営業、不動産投資、不動産管理、賃貸
無料eBookダウンロード

不動産テックに関する様々な情報を掲載した最新レポートを無料でダウンロードできます。

所属団体

スマーブは東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営しています。

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。