【告知】11月12日(火)11時~日管協フォーラム2019が開催

2019.09.20
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
【告知】11月12日(火)11時~日管協フォーラム2019が開催

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協)が、今年も日管協フォーラムを開催します。日管協フォーラムは、時代にあった賃貸管理のアイデアや、新しい賃貸情報を知ることができる、不動産業界のビッグイベントの1つです。毎年開催されていますが、不動産テックをキーワードにしたセッションが、今年も用意されています。

開催概要

  • 開催日/2019年11月12日(火)
  • 時間/11:00~16:50
  • 会場/明治記念館
  • 住所/東京都港区赤坂2-2-23
  • 参加費
    → 
    → 首都圏の日管協会員/
    1名6,000円
  • 申込/日管協の申込ぺージより申込可能→コチラ
  • イベントのコンテンツ概要/日管協のホームページにて確認することができます。→コチラ

当日のコンテンツのなかで、もっともオススメしたいセッションが、「国内外の不動産テック事情(現在と未来)」というテーマのセッションです。日管協のホームページを見ると(9/20現在)、次のような説明がありました。

国内外の不動産テック事情に精通している4名の有識者によるパネルディスカッション。海外での状況を踏まえた不動産テックの現状と未来を語ります。ニューヨークとのTV中継も必見!

4名の有識者とは以下の4名です。(以下、日管協のホームページ順)。

  • 赤木正幸氏(リマールエステート株式会社・代表取締役)
  • 巻口成憲氏(Leeways株式会社・代表取締役)
  • 芳賀一生(株式会社リブセンス・執行役員)
  • 武井浩三氏(ダイヤモンドメディア株式会社・顧問)

4名は不動産テック協会のメンバーであり、国内外の不動産テック事情をディスカッションするにはうってつけです。赤木氏は不動産テック協会の代表理事を務めていて、巻口氏は不動産テック協会のなかの、「情報化Iot部会」「海外不動産テック事情の勉強会」などで主導的な役割を担っています。芳賀は、リブセンスで不動産テックの新規事業を立ち上げ、軌道に乗せた人物です。武井氏は、赤木氏とともに不動産テック協会の代表理事を務めています。

日管協フォーラム2019は、ほかにもオススメしたい不動産テックのコンテンツが予定されています。大東建託株式会社の賃貸未来研究所で所長を務める宗健氏の「賃貸業界の未来~AIとしあわせ~」、グーグル・クラウド・ジャパン合同会社の事業本部長を務める長谷川一平氏の「Google Cloudによる働き方改革とクラウド活用によるデジタルイノベーション」などです。

ほかにも、アットホーム、LIFULL、SUUMOの担当者や、不動産クラウドファンディングの領域に精通したTMI総合法律事務所パートナー弁護士の成本治男氏が登壇します。これら以外にも、不動産テックにかかわるコンテンツが用意されているので、是非、内容をチェックしてみてください。

  • イベント概要 → コチラ(日管協のWEBページに移動します)
  • イベント申込 → コチラ(日管協のWEBページに移動します)
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
無料eBookダウンロード

不動産テックに関する様々な情報を掲載した最新レポートを無料でダウンロードできます。

所属団体

スマーブは東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営しています。

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。