不動産業界とインテリア業界がVRでコラボしたら!?未来の“部屋づくり”を妄想

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
不動産業界とインテリア業界がVRでコラボしたら!?未来の“部屋づくり”を妄想

ハウステンボスが渋谷にVRアトラクションを展開したり、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが PlayStation VR 取扱店舗を拡大したりと、VRを体験ができる場が街に次々と出現しています。

VR―――Virtual Reality、仮想現実。VRゴーグルを装着し、身体を動かすシーンがニュースや情報番組などでよく紹介されている昨今。この仮想現実を活用し、不動産業界とインテリア業界がコラボしたら、どんなイノベーションが創出できるでしょうか。

3Dで試せるルームコーディネート・アプリ「RoomCo AR」が示した可能性

2017年2月、株式会社リビングスタイルが「RoomCo AR」というルームコーディネート・アプリのアップデートを発表しました。このアプリはAR(拡張現実)技術を使って、スマートフォンのカメラに映し出した自分の部屋などの空間に3Dデータの家具を実物大で配置できるというサービス。まるで洋服の試着のような感覚で家具選びを楽しむ新しい体験を提供しています。

さらに、RoomCo ARの専用マーカーを間取り図の上に貼ると、その間取りの縮尺に合わせたバーチャル家具を自由に配置でき、引越しを検討する際などに活用されることが期待できます。

扱っている家具はFrancfrancや無印良品など人気ブランドも多く、引越しや模様替えの予定がなくともインテリアコーディネーター気分を手軽に味わえ、またそのコーディネートしたお部屋の画像をSNSなどでシェアができるという楽しい仕組みが満載のアプリです。

RoomCo ARに「VR」を組み合わせた内見の仕組みができたら・・・?

RoomCo ARシステムは、不動産業界にも大きなヒントとなるかもしれません。例えば、RoomCo ARに「VR」を活用した内見の仕組みを組み合わせてみたらどうなるでしょう。現在のRoomCo ARの仕様では間取り図のうえに寸法を合わせた家具を配置することはできますが、それが実際にどのような見栄えになるのかまでは網羅できていません。

もし物件のリアルなVR画のうえに家具を配置するというサービスが出てくれば、ユーザーはよりリアルなお部屋の完成図を楽しむことができるでしょう。たとえ寸法がお部屋にフィットしていても、実際の部屋の画像に配置してみることで「このソファを入れるとこのテーブルの存在感が大き過ぎる」など盲点に気づくことができます。

お部屋のVR映像は朝・昼・夕・夜を収録し、部屋に差し込む光と影をタイムラインで調整できるようにすると「日当たりが強すぎて、このタイプのソファは午前中に座れない」などタッチアンドトライもイメージできます。

VRデータを蓄積し、体験から販売へ

こうしたVRシステムを活用していくことで、不動産業界・インテリア業界にはさらなるメリットが出てきます。

例えば、VRを体験した人たちの嗜好データを蓄積することで、注目されているトレンドをリアルな間取りに反映させたり、インテリア業界の商品開発・販売促進事業などにも活用することができます。また「お部屋」と「家具」が決まっているのであれば、いっそのことそのまま契約&購入へつなげるECプラットフォームにするという事業も考えられます。これまでは内見や家具選びを疑似体験していただけだったのが、一気に収益化に繋がる仕組みづくりができます。

さらに引っ越し業界とも連携すれば、VRで“仮想配置”したインテリア類のデータを共有し、入居する時には自分で思い描いた通りの位置に全てのインテリアが置いてあるというサービスまで発展できます。

こうした“妄想”が具現化すると、不動産業界は、“VR部屋選び手数料”のようなフィーで利益を生み出せる可能性も出てきます。ユーザーにとっては、VRでイメージした部屋が、引っ越す前にほぼ完成しているという点で、理想に近い部屋を“つくりだせる”という、新しい部屋選び体験&ビジネスが生まれます。

蓄積したVR上のデータは、不動産・家具・インテリア・家電業界などが共有するビッグデータとして活用され、これまでにない商品の開発や、未来の部屋選びへ向けたコラボレーションも期待できるでしょう。


参考:家具の配置シミュレーションアプリ「RoomCo AR」がバージョンアップ
https://www.roomco.jp/info/roomco-version-up-v3.html

この記事に関連する用語
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

こちらの記事もオススメです

おもちゃのブロックで間取りがCGに!開発者に聞いた「GRID VRICK」導入がもたらす効果とは
おもちゃのブロックで間取りがCGに!開発者に聞いた「GRID VRICK」導入がもたらす効果とは
2018.04.27 VR/3D、不動産営業
海外事例6選!「3Dプリンターの家」低価格で注目
海外事例6選!「3Dプリンターの家」低価格で注目
2018.04.11 VR/3D、建設/建築
【速報】不動産テック業界のカオスマップがリニューアル!2018年3月7日版が公開
【速報】不動産テック業界のカオスマップがリニューアル!2018年3月7日版が公開
2018.03.08 AI/ビッグデータ、IoT、VR/3D、不動産管理、民泊/シェアリング、物件検索
不動産テックにできること ~VR体験の新たな価値をゲーム業界に探る~
不動産テックにできること ~VR体験の新たな価値をゲーム業界に探る~
2018.03.02 VR/3D
1000店舗が導入。VR内見のトップランナーに聞く!VRが部屋探しに与える影響とは
1000店舗が導入。VR内見のトップランナーに聞く!VRが部屋探しに与える影響とは
2018.02.27 VR/3D、不動産営業、物件検索
【レポート】ReTechがもたらすイノベーション、テクノロジーで変わる不動産業界
【レポート】ReTechがもたらすイノベーション、テクノロジーで変わる不動産業界
2018.02.13 AI/ビッグデータ、IoT、VR/3D
無料eBookダウンロード

不動産テックに関する様々な情報を掲載した最新レポートを無料でダウンロードできます。

所属団体

スマーブは東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営しています。

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。