企業の運命を分ける!不動産業界におけるビッグデータの取得方法とは

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE
企業の運命を分ける!不動産業界におけるビッグデータの取得方法とは

IT化が進み、人々のライフスタイルが目まぐるしく変化する中、企業は消費者の行動や趣向などの’生’のデータを集めて様々な場面で活用しています。

従来のフリーワードや口頭ヒアリングベースのアンケート調査では、取得できるデータ量に限界があるため、調査結果がどこまで消費者全体のリアルなニーズを反映しているかが不鮮明でした。対して消費者の行動を数値化したデジタルデータは、消費者自身ですら気づいていない行動の特徴や傾向を映し出します。
今後は大容量のデジタルデータをビッグデータとして、いかに活用していけるかどうかが企業の命運を分けることになるでしょう。

ところで、ビッグデータは一体どこから、どのように取得すればいいのでしょうか。
ここでは不動産業界の3つの例を考えてみます。

1. プラットフォームを運営する

SUUMOやLIFULL HOME'Sのような不動産情報サイトは、消費者が求める情報をサイト内に掲載し、その閲覧履歴からニーズを分析する事ができます。さらに、サイト内で会員登録を促す事で、潜在顧客の情報もコンスタントに得る事が可能です。このような仕組みを作る事で、最新の市場需要を把握する事ができます。

こういった顧客情報をビッグデータとして収集する仕組みを作るにはどうすればいいのでしょうか。
まずは、積極的に新規プラットフォームの形成を試みる事が重要だと言えます。しかし、すでに数多くある不動産情報サイトの中に新規参入するだけのスペースがあるか、という事が課題として挙げられます。
新規不動産プラットフォームの開発にはリスクが伴いますが、もし単純にデータ取得が目的であれば、既存のプラットフォームとの情報共有がノーリスクハイリターンを実現できるかもしれません。

2. デジタルサイネージを導入する

近年増えてきた宣伝PRにおけるデジタルサイネージの導入は、インターネットでは得られない新たな利便性があります。
例えば、不動産会社の店頭の広告をタッチパネル式のデジタルサイネージに変えれば、気軽に道行く人が物件情報を調べる事ができます。どのように物件を調べるのか、という消費者の行動情報をビッグデータとして蓄積していけば、消費者が求めている情報の傾向を分析する事ができます。また、蓄積したデータをスマートフォンアプリと連携させれば、さらに多くのデータを集められ、潜在顧客へ向けたマーケティング施策にもつながります。

3. loT家電メーカーと組む

IoT家電メーカーと協力してビッグデータを取得するのも一つの手法です。スマートフォンを使い遠隔操作で湯沸かしをしたり、体重計の測定データがそのままアプリに転送されるなど、IoTの活用は幅広く行われています。このようなIoT家電を使用したデータ収集は、手間をかけずに、多くのデータを低コストで取得できるのも強みです。また、消費者の生活の中で情報を蓄積する事で、実生活に近いデータが集められる事も利点です。

不動産と家電、日常生活に欠かせない2つの事業がダックを組む事で、より消費者の求める商品を提供できるようになるでしょう。

まとめ

不動産業界におけるビックデータの取得方法は、不動産情報サイトやloT家電を活用するなど、消費者が日常生活のなかで使用しているツールから情報収集をするケースが多く考えられます。

IT化が進み、変化する市場に即したサービス・商品を提供するためにも、消費者の生活に寄り添ったビッグデータを収集する事が非常に重要です。また、常に最新の情報を取得できる仕組みを作っていく事も今後考えるべき課題であると言えます。

この記事に関連する用語
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • LINE

こちらの記事もオススメです

仲介会社からの問い合わせに自動で応答。「ぶっかくん」は管理会社のコストカットにつながるのか?
仲介会社からの問い合わせに自動で応答。「ぶっかくん」は管理会社のコストカットにつながるのか?
2017.11.15 AI/ビッグデータ、IoT、不動産営業、不動産管理
不動産テックが信頼性を高める「不動産特化型クラウドファンディング」
不動産テックが信頼性を高める「不動産特化型クラウドファンディング」
2017.10.24 AI/ビッグデータ、不動産投資
テクノロジが加速させる”新しい街・住まい”づくり - CNET Japan Conference 2017 レポート
テクノロジが加速させる”新しい街・住まい”づくり - CNET Japan Conference 2017 レポート
2017.10.20 AI/ビッグデータ、IoT、VR/3D
新規事業開発のプロに聞く。Google・Amazonが注目する不動産テックスタートアップの条件とは何か
新規事業開発のプロに聞く。Google・Amazonが注目する不動産テックスタートアップの条件とは何か
2017.10.05 AI/ビッグデータ、IoT
査定価格と災害リスクを紐づける新サービス―――リブセンス「IESHIL CONNECT」の特徴とは?
査定価格と災害リスクを紐づける新サービス―――リブセンス「IESHIL CONNECT」の特徴とは?
2017.09.27 AI/ビッグデータ、不動産営業
今さら聞けない不動産テックを知る5つのキーワード
今さら聞けない不動産テックを知る5つのキーワード
2017.08.23 AI/ビッグデータ、IoT、VR/3D、物件検索
無料eBookダウンロード

不動産テックに関する様々な情報を掲載した最新レポートを無料でダウンロードできます。

所属団体

スマーブは東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営しています。

記事広告掲載について

スマーブでは、不動産テックに関する記事広告をお申込みいただく企業様を募集しております。どうぞお気軽にお申込みください。